主な活動

43a 安全山行のために

山には、楽な山、高い山、険しい山、雪山などがあり、時には雨や雪が降ったり風が吹いたり、気象の変化があります。野木山想会では「安く・楽しく・安全に」をモットーに山行にランク制を取り入れ、必ず山行計画書を提出し、常に安全第一で山行を行っております。
そこで、怪我などをした時の為に「スポーツ安全保険」に全員加入、また遭難した場合に備え、 「労山新特別基金」(任意加入)の制度もあります。また、山で遭難した場合の救助隊の体制を整えています。


43b バラエティーに富んだ山行

現在、会員は100名程度。四季を通じて近くの大平山から日光白根山・那須岳・古賀志山・アルプスまで幅広い山行をしています。年間400回前後(自主山行含む)の山行、花・森・岩のある山、雪山、スキーなど体力・技術・経験に応じてバラエティーに富んだ山歩きなどをしています。
美しい自然に接することによりリフレッシュ、また健康・体力の保持・増進にも役立つでしょう。


43c 月 例 会

毎月第一水曜日、野木町公民館で夜の7時30分から開催。毎回数十名の会員が参加しています。会長あいさつ、周知事項、山行案内の発表・申し込み、山行後の感想レポートなどがあり、毎月仲間と顔を合わせ話し合える楽しい交流の場となっております。


43d 山の講習会

新入会員のために基礎を中心とした山歩きの各種知識・装備・技術などについて、座学、実技の教室(新入会員は全員参加)を開いています。さらにレベルアップのため、「新入会員教室」修了者を対象にした、山歩きのテクニックや読図及び実技を主体とした「ハイキング教室」、また岩場歩きや、雪山を歩くための実技を中心とした 「岩を楽しむ教室」「雪を楽しむ教室」を行っています。これらの教室を受講されると、北アルプスの山々に挑戦できるようになるでしょう。
この他、さらに上級志向の方々のために、栃木県連盟の主催で登山学校も開かれております。


43e クリーンハイク、自然保護活動

「山をいつまでもきれいに」と、山にゴミを捨てない、排泄をしない等を合い言葉に、山行を行っています。毎年、5月・11月はクリーン月間として日光や那須の山々、太平山などのクリーン活動、足尾の植樹活動など自然保護活動にも積極的に取り組んでいます。

山想会概要
                                     

                                           栃木県勤労者山岳連盟         
                 野木山想会
Copyright © 2019 nogisansoukai All Rights Reserved
inserted by FC2 system